青汁調査

ケールに関して

ケールとは

ケールは実はキャベツの一種で、原産はヨーロッパ南部の地中海沿岸です。

キャベツの一種なのでヨーロッパではサラダとして食べられる野菜ですが、日本では食用として見かける事は殆ど無く、青汁等の加工品でしか摂取する事が無いようです。

ケールは地中海のように温暖な気候なら何処でも育ち、一年中栽培可能な高い生命力があります。加えて高い栄養素があるため、遠藤仁郎博士と言う方が、戦時中の食糧難の時代に注目したのをきっかけに、青汁の原料として使われるようになりました。


ケールの栄養素

ケールには、食物繊維を始め、ビタミンC,B等のビタミン群、カルシウム・ナトリウム等のミネラル分なども多く含まれています。

下は食品成分表を参考にしたデータで、栄養価の高いほうれん草と比較してみました。牛乳の3倍のカルシウム、レモンの6倍のビタミンCと言うだけあって、カルシウムとビタミンCはかなり多い見たいでえす。他はほうれん草と五分な感じですね。

  ケール ほうれん草
たんぱく質 2.1g 2.2g
脂質 0.4g 0.4g
糖質 7.2g 0.42 g
カルシウム 220mg 99mg
カリウム 420mg 558mg
ナトリウム 9mg 16mg
マグネシウム 44mg 69mg
リン 67mg 49mg
食物繊維 3.7g 2.8g
鉄分 0.8mg 2mg
βカロテン 2900μg 4200μg
ビタミンA 480μg 700μg
ビタミンB1 0.06mg 0.078mg
ビタミンB2 0.15mg 0.189mg
ビタミンC 81mg 35mg
ビタミンE 2.4mg 2.1mg
ビタミンK 210μg 270μg